新しい相続手続きが始まりました


新しい制度「法定相続情報証明制度」をご紹介します。

平成29年5月から開始された新制度で、各機関(登記所、銀行など)に提出する相続手続きに必要な書類を簡素化する制度です。

この制度は、相続人にとってメリットが大きいだけでなく、
行政書士などの専門家による代理も認められ、多忙な方にとっては朗報です。

亡くなった方又は相続人の地元を管轄する法務局が当制度を運営します。

各機関(登記所、銀行など)への提出書類を簡素化できたらいいなと、思いませんか。

法定相続情報証明制度を利用すれば、従来のように死亡した方の生まれてから死亡までの戸籍謄本などの束をすべての各機関(登記所、銀行など)に提出する必要がなくなります。

法務局での法定相続情報証明制度の手続きに必要なものは、

1.法定相続情報一覧図の保管及び交付の申出書

2.法定相続情報一覧図

3.死亡した方の生まれてから死亡までの戸籍謄本、住民票など

4.その他、法務局の登記官が必要とする書類(委任状など)

法務局での手続き後、登記官が認証した法定相続情報一覧図の写しを必要枚数交付してもらいます。

各機関にその写しを持参すれば、死亡した方の生まれてから死亡までの戸籍謄本などの束をすべての各機関(登記所、銀行など)に提出する必要がなくなります。

相続の手続きが少しでも簡略化されるのはいいことですね。

最後までお読み頂き有難うございます。今後も皆様にとって有益な情報を配信いたします。




Copyright © 2016 くらし便利帳 All Rights Reserved.